【REIT と インフラファンドのお役立ち情報をご紹介しています!】

目次

インフラファンドとは REIT とは

インフラファンドとは

インフラファンドとは「インフラ施設」を購入し、そこから生じる賃料や売却益を投資家に配当するファンドです。

税制上のメリット
J-REIT と同様に法人税が事実上免除されているため、配当利回りが高いです。(ただし20年に限定)

賃料の設定の仕方
固定賃料と変動賃料により構成されていて、発電量が一定以上の場合、追加の賃料が支払われる仕組みになっています。
買取価格はFIT 制度で固定されています。
賃料は固定賃料がオペレーターより保証されています

流動性
インフラファンドは株式と同様に売買できます。

インフラファンドの社会的意義
インフラファンドはESG(環境、社会、企業統治) 投資としての魅力が高いです。
特に環境への貢献として再生可能エネルギーとしてCO2削減に効果があります、





インフラファンド個別銘柄

上場銘柄
以下の6つのファンドが上場しています。
タカラレーベンインフラ投資法人
いちごグリーンインフラ投資法人
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人
カナディアンソーラーインフラ投資法人
東京インフラエネルギー投資法人
エネクスインフラ投資法人



スポンサーリンク

スポンサーサイト